ブログは自分語りをしてもいい

ソーシャルブックマークの便益性よりも、匿名ダイアリーのこころを読みたいモードだと思う。

誰もあなたに興味がない。あなたの話すことになんて興味がない。多くの場合そうであることには同意するし、人の役に立つことを書いたり話したりすることが、人のためだしそれが自分のためにもなるんだろう。

でも、自分語りをしたっていいと思う。ブログではとくに。

何かテーマを持ったブログならそのテーマに沿ったものがいいだろうけれど、そのブログが個人のものなら、ブログは突き詰めればその人自身になるのだから、そこに書かれたものはすべてが自分語りだ、というのは飛躍のしすぎか。しかし、自分の経験や考えからその人自身が何かを得たり、経験や考えからテーマを語ったりするからこそテーマに深みが出ることがある。そしてむしろ、そういうものの魅力が通る人には、自分語りのブログが読みたいと思われたりもするのだ。そうだ、自分語りが人のためになるのだ。かつてのテーマ縛りのブログは、そういう側面があったはずだ。

ここ数年はテーマを媒介としたその人のこころとその持ちように、人の関心があるように思う。つまり日記なのだと思う。その人が日々のどんなことが気になり、何を思い、どんなふうに世界を見ているのか。テーマの話もおもしろいが、それにちからを与えているのは、その人のこころだ。それが溢れてほしいのだ。

自分語りであり、日記であり、ブログだ。あなたはあなたを語っていい。人の役に立つことばかりじゃなくていいんだよ。