2020年11月24日(火)泳ぐサカナ

今年はじめて、布団から出たくない朝だった。

坂本真綾さんの冬をテーマにしたコンセプトアルバムは、彼女が冬にしか聴いてほしくないと言っているのを知ってから、冬の楽しみのひとつになっている。いつからいつまでが冬なのかは、聞いてくれる人が「冬だな」と思ったそのときでいいとのこと。

今朝は冬認定にちょうどいい機会だったのだけど、冬認定は毎年、キリッと冷たい空気を感じたときにしていて、今年はまだそれを感じていない。だから、私の冬はまだ来ていない。まだ秋だ。「Driving in the silence」を聞くのもまだ先だ。

打ち合わせでビデオを繋ぐ。「こたまるの顔がぼーっとしてるように見える」と言われ、「私はだいたいぼーっとしてます」と答えた。でも、そうなのだ。3連休からぼーっとしている。一人だけ靄のなかにいるような。

お風呂に浸かりながら、新しい音楽が足りてないなと、思い至る。好きなアーティストのリリースがなかったり、そのときお気に入りのアルバムがないときは、振り返りの順番だったりするのだけど、最近はその時間が長すぎて、なんだかぼーっとしている。表面的にはわからないのだけど、私は音楽で生きているようなところがあって、言葉にすると大層なことを言っている感じになってしまうのだけど、音楽に乗って生きているようなところがある。海流に乗っているサカナのようなイメージが近い。自分で行き先を決めるのではなくて、音楽の流れに乗っていく。だから、上がるも下がるもそのときに合う音楽次第な、そういうところがある。

いつもは好きなものばっかり聞いて、深く掘っていく聞き方をする。ちょっと新しいものを聞いていくようにしてみる(と言いながら、好きなピアニストの新作を聞いている)。

睡眠計測をしているお気に入りの Oura Ring のアプリが日本語のサポートをはじめた。これまで新しいメッセージが出たときは、英語をがんばって読んでいたのだけど、これからはスイスイ読める。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA