Skip to content

バウムクーヘン焼きは長生きしない

バウムクーヘン焼きは長生きしないのだそうだ。

精魂詰める作業とオーブンの直火を正面で胸に受けるからだと、ドイツでそう言われている。ウィキペディアに書いてある。

バウムクーヘンは、筒のかたちをしていて、中心にはドーナツみたいな穴があるドイツのケーキだ。断面には樹木の年輪のような模様がある。バーナーで炙る際にできる焼き色と内部の白い部分が層になって年輪のように見えるのだそうだ。

一般的な菓子店では扱っていないことが多く、日本では祝いの引き出物によく贈られる。ちょっといいお菓子だ。伝統的な製法が非常に特殊で、バウムクーヘン専用のオーブンや技能が必要らしい。

ところで、精魂詰める作業とインターネットの直火を正面で胸に受けつづけるブログは、長生きしないのだろうか。

伝統的な製法が非常に特殊で、一般的なインターネットでは扱われなくなったブログで、年輪のような焼き色の層ができるのだろうか。

今日のスタバは、すこし空いている。